仮性包茎

MENU

仮性包茎・包茎の治療・ポロセード・子供の包茎と性病

包茎矯正グッズならキトー君がおすすめ

 

キトー君の評判はこちら

 

仮性包茎:包茎治療:性病

仮性包茎などの包茎を包茎治療しないと、性病になってしまうことがあるのでしょうか?

 

仮性包茎などの包茎の状態は、亀頭がいつも包皮に覆われているため、通気性がなく亀頭の根元が湿っていて温かく、分泌物の多い環境になってしまいます。

 

亀頭がいつも包皮に覆われている状態は、恥垢が溜まりやすく、さまざまな病原菌を繁殖させる温床になってしまう可能性が高くなります。

 

仮性包茎などの包茎は、包茎治療をしないと不衛生になりやすいことから、性病の感染率が高くなるといわれています。

 

泌尿器科の国際学会などでは、包茎とHIV(エイズ)の関連性を説く専門医もいるようです。

 

仮性包茎などの包茎の方が、なりやすい病気には、尿道炎とコンジロームがあります。

 

尿道炎の方は、性行為をすることによって、淋菌やクラミジアの性病に感染してしまう可能性が高くなります。

 

尿道炎の方の80%は、淋菌やクラミジアの性病にかかっているようです。

 

尿道炎の方は、性行為時に、包茎の余った包皮が引っ張られ、尿道口が広がりやすくなり、菌などが入って性病に感染することがあるようです。

 

仮性包茎などの包茎の方は、性病やその他の病気にもかからないためにも、早めに包茎治療を行ったほうがよいでしょう。
投稿者: HT 日時: 2007年03月03日 03:14 | パーマリンク

 

仮性包茎:包茎治療:プロセード

仮性包茎を自分で包茎治療するのに用いる矯正グッズに、プロセードがあります。

 

プロセードは、仮性包茎を包茎手術しなくても包茎の矯正ができます。

 

プロセードは、メスを使わずに安心して仮性包茎を矯正できます。

 

プロセードは、従来の仮性包茎治療法とは異なり、包茎治療する際に、流血や痛みは一切ありません。

 

プロセードは、人体に無害な成分で物理的に包茎治療するため、安全性が確立されている矯正グッズです。

 

プロセードは、1日一回、数十秒処置をするだけで驚くほど確実に亀頭が成長し、仮性包茎の包皮にムキ癖をつけることができます。

 

プロセードは、自宅にいながら短期間で確実に仮性包茎を治療することができます。

 

プロセードは、器具を使ったり傷跡を残したりしないので、
仮性包茎の治療中や治療後を問わず、誰か包茎であることを知れることは決してありません。

 

投稿者: HT 日時: 2007年03月03日 03:12 | パーマリンク

 

仮性包茎:包茎治療:自慰行為

仮性包茎の男性方は、包茎治療をしない状態が長いと、包皮を用いての自慰行為(マスターベーション)をしている方が多いようです。

 

包皮を用いての自慰行為をしていると、包皮が伸びてしまい、仮性包茎の状態をひどくしてしまう可能性もあります。

 

包皮が伸びるのを防ぐための自慰行為は、亀頭刺激する自慰行為です。

 

包皮が伸びる原因は、包皮を用いての自慰行為によって、包皮が上下に引っ張られることがあります。

 

つまり、仮性包茎を自分で包茎治療するのは、包皮を引っ張らなければいいわけです。

 

そこで、亀頭刺激する自慰行為を行ってみましょう。亀頭刺激する方法は、亀頭にローションなどを塗って手で刺激し、射精する方法です。

 

今までの自慰行為の方法とは異なるので、はじめのうちは射精に至りにくいかも知れません。

 

しかし、慣れますので亀頭刺激する自慰行為で、射精できるように努力してみましょう。

 

また、包皮を用いての自慰行為がしたい方もいるでしょうが、否定はしません。

 

しかし、包皮を用いての自慰行為の数を減らさなくては仮性包茎を包茎治療することはできません。

 

なるべく亀頭刺激する自慰行為をすることで、包皮へのダメージを減らすようにしましょう。
投稿者: HT 日時: 2007年03月03日 03:09 | パーマリンク

 

子供の仮性包茎の包茎治療

子供の仮性包茎などの包茎治療は、どうしたらよいのでしょうか?

 

包茎とは、おちんちんの包皮が亀頭にかぶさっている状態のことをいいます。

 

包茎には三種類があり、仮性包茎や真性包茎、カントン包茎があります。

 

仮性包茎とは、包皮がかぶさっていても、手でむけば亀頭が露出する状態の包茎で、大抵の子供の包茎は仮性包茎です。

 

真性包茎は、包皮と亀頭が癒着し、包皮をむこうとしても痛いくてむけない状態の包茎です。

 

カントン包茎は、包皮の開口部が狭く、むくことはできても亀頭の根元にきた包皮がおちんちんを締め付けるため、痛くなってしまう状態の包茎です。さて、では子供の包茎はどうしたらよいのでしょうか?

 

子供はおちんちんに包皮がかぶさっていて当たり前です。

 

生まれたときからおちんちんがむけている赤ちゃんなどいないのです。

 

六ヶ月児でも80%、三歳児でも10%は包皮がむけていない状態です。

 

お母さんのなかには、子供のおちんちんの包皮がむけていないから、包茎治療をしないと心配される方もいるようですが、慌てることはありません。

 

子供が成長するにしたがい、おちんちんも成長し、包茎治療をしなくても自然に包皮がむけるのが大半です。

 

子供はみな、生まれたときは仮性包茎であると考えて大丈夫でしょう。

 

投稿者: HT 日時: 2007年03月03日 03:08 | パーマリンク

 

仮性包茎の包茎手術の重要性はお国柄?

大人になってから、仮性包茎などの包茎手術を勧める国は、
日本だけといわれています。

 

しかし、日本では、男性週刊誌やコミック、スポーツ新聞などに包茎手術の広告のない紙面を探すのが大変なほど、よく目にします。

 

もしかすると、日本人が大人になってから仮性包茎を気にするのは、週刊誌などの広告のPRの片棒を担いでいるのかも知れません。

 

ヨーロッパでは、90%以上の男性が仮性包茎であるという調査結果もあるようです。

 

また、イギリスの教科書では、二つの陰茎の絵が「包茎手術をした陰茎と包茎手術をしていない陰茎」と記載され、どちらが異常などとは書かれておらず、ただ説明をするためだけに掲載してあるというような感じです。

 

また、ギリシャ彫刻も、ほとんどが包茎です。

 

人間は、生まれた時は当然、みんな仮性包茎で、幼い頃は何も思いません。

 

しかし、思春期の頃になると、仮性包茎などの包皮がかぶっている状態は、子供の陰茎だと錯覚してしまうのかもしれません。

 

陰毛は生え揃ったのに、まだ、包皮がかぶっている。

 

もしかして、病気ではないだろうかと、思いこんでだけかもしれません。

 

最近、小中学校では性教育が実施されていますが、陰茎や陰毛の事は取り上げられても、包皮や仮性包茎などの包茎についての事は、話題にならないようです。